総量規制とはどんなものか

momeykariru.jpgカードローンをする際には、総量規制を十分に考慮しなければなりません。総量規制とは、貸金業法で定められている法律のひとつで、個人への貸し付け金額をその人の年収の3分の1以下にしなければならないというものです。この総量規制がある以上、仮にカードローンで年収の3分の1以上の金額を申し込んだとしても、金融機関側が必ずそれを拒否します。

その額を貸してしまうと、法律違反となって取締りを受けることになるからです。つまりカードローンをするには、自分の年収の3分の1以下の金額で申し込みをおこなわなければならないということです。年収が450万円の人の場合は、150万円以下となります。ここで注意が必要なのは、この年収の3分の1という金額は、金融機関ごとに借り入れできる金額ではないということです。

個人が借り入れすることが可能な総額が、年収の3分の1なのです。つまり複数の金融機関でカードローンした場合でも、トータルで年収の3分の1を超えることはできません。年収450万円の人は、何箇所から小分けにして借りたとしても、トータルで150万円以上の借り入れをすることはできないのです。

ただし、総量規制が通達されているのは消費者金融のみです。銀行および銀行系消費者金融に関しては、総量規制の対象となっていませんので、年収の3分の1以上の金額を借りることが可能です。上手にカードローンを利用するためには、総量規制についての知識を得て、その上で申し込みをする必要があります。